スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借り物の町と借り物のわたし(9)

03 11, 2009 | Posted in 小 説 | Thema 小説・文学 » 自作小説

0 Comments
シェアブログjisakuに投稿

コンビニだ。コンビニエンスストアだ。
今日日、コンビニなら電話もある。もし無くても、店の電話をちょっと借りるか。
この頃は、一時と違い、コンビニの店員は非常に親切だ。
大きな声で挨拶し、愛想もいい。

なけなしの千円だが、ガムの一つ、コーヒーの一本なら買える。
それなら、親切な店員たちは、喜んで電話を貸してくれるだろう。
それに、そろそろトイレにも行きたくなってきた。
体も冷えてきたので、肉まんの一つでも頬張りたい。ホットコーヒーも捨てがたい。

昼飯は、タカヤマに金を借りよう。
前の帳簿合わせの時、売上の数字が合わなくて、四苦八苦していたところを助けてやった。
もしかしたら、奢ってくれるかも知れない。

それなら、ぱあっと千円使ってしまおう。
いつもは立ち読みしていた週刊誌。買い損ねた漫画の単行本。
ポケットティッシュに二色ボールペン。

そうすれば、最上の笑顔で貸してくれるだろう、電話を。
もう満面の笑みを持って貸してくれるだろう。

一瞬のうちに、かなりの妄想に耽ったわたしは、青だったり、緑だったり、はたまた三色の原色が重なったりする、お馴染みの看板を探しながら、自転車を走らせた。

ない所には、ないようだ。
もう完全に見知った場所ではない。
ちょっとタイムスリップしたのかと、勘違いするような景色。
いや、特に古い家がある訳ではないのだが、何か古い、古臭い。

「この辺に、コンビニはないかな。」
通りかかった学生に、尋ねてみた。
「いや、そんなお店はありませんね。」
変な答えだが、非常に簡潔な答え。この辺に、コンビニはないのだ。

さっきの妄想が、音を立てて崩れ去る。
肉まんも、ホットコーヒーも、楽しみにしていた漫画本も...

スポンサーサイト

« 借り物の町と借り物のわたし(10) 借り物の町と借り物のわたし(8) »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
[最近の記事]
[バナーやランキング]




サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
にほんブログ村 ポータルブログへ 人気BLOGRANK

ブログランキング(投票してして!)

人気blogランキングへ


まんがやを登録 by BlogPeople
[プロフィール]

mangaya

Author:mangaya
新規一転!!
得意のノーツ技術の紹介と、自作小説の公開

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。