スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借り物の町と借り物のわたし(14)

03 27, 2009 | Posted in 小 説

1 Comments
「何や、われ。口利かれへんのんか。」
スポーツ新聞を乱暴に置き、彼は予想通り、凄みのある顔で睨んできた。
ちらと見ると、完全に酔っている。馴染みの野球チームが昨夜惨敗したであろうことも、新聞から見てとれた。
しかしながら、このような展開になる最も大きな理由は、今日のわたしはついてないということだ。

どうしよう、何か言った方が良いだろうか。
いや、何を言っても、良い展開にはならないだろう。と思いつつ、思わずこう言ってしまった。
「ゆ、夕べの阪神は、ざ、残念でしたねえ。」

拍車をかけるとはこういう事を言うのだろう。いや、油に火を注ぐと言えば良いのか。
「われ、ええ事いうやんけ。ちょっと、ここ座らんか。」
完全に、彼は怒っていた。無理に微笑もうとして、口の端が震えている。
目は酔いも手伝って真っ赤に充血し、手招くようにカウンター席を引き、はすに構えたその体からはオーラのような凄みが発せられていた。

「え、えーと、じ、時間がないので、ち・ち、ちょっと無理です。」
何が無理なのだろう。そもそも無理という表現がおかしいので、しっかり突っ込まれた。
「無理ってなんじゃい。どうせ、外回りさぼって、イカ焼き頬張ろうっていうんやろ。わしが、横に来い言うてんねん。」

気が付けば、彼はわたしの横に来ていた。既にがっしり、肩を掴まれていた。
渋々、彼の隣に座る。

「おっちゃん、あんまりワヤしたらあかんでえ。」
イカ焼きのイケメン青年がそう言った。
「うるさいわ、三郎。しっかり、イカ焼き焼いとらんかい。」
青年の名前は三郎というらしい。
きっと、三男坊なのだろうなどと、どうでもいい事を考えていると、どかっと目の前にコップが置かれた。

注がれるビール。目を白黒させていると、隣の土建屋がこう言った。
「あんた、分かってるわ。阪神負けよって、清々した。どいつもこいつも、関西ゆうたら、阪神しかないみたいな言い方しよる。あんた、ほんまええ事言うわあ。」
スポンサーサイト

借り物の町と借り物のわたし(13) »

- Comments
1 Comments

02 08, 2010
edit ]
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
1 Trackbacks

管理人の承認後に表示されます

URL | 11 22, 2012


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
[最近の記事]
[バナーやランキング]




サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
にほんブログ村 ポータルブログへ 人気BLOGRANK

ブログランキング(投票してして!)

人気blogランキングへ


まんがやを登録 by BlogPeople
[プロフィール]

mangaya

Author:mangaya
新規一転!!
得意のノーツ技術の紹介と、自作小説の公開

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。